シロカ ホームベーカリー SHB-122レビュー!美味しく焼ける?口コミは?愛用中ワーママが解説

シロカホームベーカリーSHB-122レビュー

「おうちでパン作りがしたい!」「焼きたてのパンが食べたい!」そう思ってホームベーカリーを探しているあなた!

ホームベーカリーってどれがいいのか迷いますよね。

ぴよ君ママ

私も「子供に美味しくて安全なパンを食べさせたい!」「低糖質パンなど自分好みのパンを作りたい!」などの理由から、半年ほど前に念願のホームベーカリーを購入しました。

選んだのは、シロカ(Siroca)のホームベーカリー「SHB-122」です。

ホームベーカリーを買ってからは、焼きたてパンを手軽に作れて朝食がすごく楽しくなったよ!

ぴよ君ママ

この記事では、ホームベーカリーを検討されている方に向けて、焼き上がりの感想や口コミなどシロカのホームベーカリー「SHB-122」のレビューをまとめたいと思います。

シロカホームベーカリーSHB-122の箱

シロカ ホームベーカリー SHB-122とは?

SHB-122は日本の家電メーカーシロカ(Siroca)から発売されているホームベーカリーです。

シロカのホームベーカリーシリーズは現在3種類発売されており、その中で最もスタンダードなモデルといえるのがSHB-122です。

3種類の違いをこちらの表にまとめます。

モデル 作れるメニュー セット内容 カラー
SHB-712/722 1.食パン(みみ やわらかめ)/2.食パン(みみ かため)/
3.早焼きパン/4.ソフトパン/5.フランスパン風/
6.スウィートパン/7.全粒粉パン/8.ライ麦パン/
9.米粉パン(グルテン入り)/10.米粉パン(グルテンなし)/
11.天然酵母生種おこし/12.天然酵母パン生地/13.天然酵母パン/
14.こねる/15.発酵/16.焼く/17.パン生地/18.ピザ生地/
19.うどん・パスタ生地/20.そば生地/21.もちつき/
22.ケーキ/23.ケークサレ/24.ジャム/25.生キャラメル/
26.フレッシュバター/27.ヨーグルト/28.フレッシュチーズ(室温25度以上)/
29.フレッシュチーズ(室温24度以下)
本体、パンケース、パン羽根、
米粉専用パン羽根、計量カップ、
計量スプーン、羽根取り棒、
ヨーグルト専用容器、ジャムふた、
ミトン、オリジナルレシピ、
取扱説明書(保証書)
ホワイト/ブラウン
SHB-122 1.食パン/2.早焼きパン/3.ソフトパン/
4.フランスパン風/5.スウィートパン/
6.全粒粉パン/7.米粉パン(グルテン入り)/
8.こねる/9.発酵/10.焼く/
11.パン生地/12.ピザ生地/
13.うどん・パスタ生地/14.そば生地/
15.もちつき/16.ジャム/
17.フレッシュバター
本体、パンケース、パン羽根、
計量カップ、計量スプーン、
羽根取り棒、オリジナルレシピ
取扱説明書(保証書)
ホワイトのみ

 SB-111  SHB-122と同じ 本体、パンケース、パン羽根、
計量カップ、計量スプーン、
羽根取り棒、取扱説明書(保証書)
ホワイトのみ

※ビックカメラオリジナルのSHB-122BKというモデルはブラウンがありました!

SHB-712/722と比較するとSHB-122は作れるメニュー数は少ないものの、パン作りに関してはほぼ問題ないレベルの機能は搭載されています。

よってSHB-122は、シンプルにパン作りがしたい方や、ホームベーカリー初心者の方におすすめです。

またSB-111というモデルは、オリジナルレシピが付いていないだけで本体は全く同じです。

値段もほとんど変わらないので、私はレシピの付いたSHB-122をおすすめします!

ぴよ君ママ

シロカ ホームベーカリー SHB-122のメリット

シロカ ホームベーカリー SHB-122のメリットやおすすめポイントについて、実際に使ってみた感想をふまえて解説したいと思います。

シンプルな構造でお手入れが簡単!

私がシロカのホームベーカリSHB-122を選んだ1番の理由が、お手入れが簡単そうだったことです。

ホームベーカリー購入を検討する際、手作りパンは食べたいけど、洗い物が増えたりするのはちょっと面倒だな…と思っていたんです。

まだ子供も小さいし、できるだけ簡単に使えそうなホームベーカリーを探していたところ、SHB-122を見つけたよ!

ぴよ君ママ

パン作りに使うのは、このパンケースとパン羽根のみ。

シロカホームベーカリーのパンケースとパン羽根

材料の自動投入機能などがない分、本体の構造もいたってシンプルでお手入れが簡単なんです。

こんな風に直接パンケースをスケールにのっけて材料の計量をしてしまえば、作る時は計量スプーンくらいしか洗い物は出ません。

パンケースに材料を入れて計量している写真

焼きあがった後も、このパンケースとパン羽根を洗うだけなので想像よりもお手入れは簡単でした!

2斤まで焼けるのが嬉しい!

シロカのホームベーカリーは、最大2斤までのサイズのパンを焼くことができます。

選べるパンのサイズ

1斤・1.5斤・2斤

他のメーカーのホームベーカリーを調べてみると、意外と1斤までしか焼けないものが多かったのですが、シロカは2斤まで焼けるのがメリット

家族が多い方や、毎日焼くのは大変だな~という方など、一度に2斤焼けるととっても便利ですよ!

私も1.5均か2斤焼いておいて、2~3日かけて食べたりしています。

ぴよ君ママ

また本体のサイズは幅28・奥行32・高さ29.5cmと、2斤も焼けるのにそんなに場所を取らない点もおすすめポイントです。シロカ ホームベーカリーの本体

ピザ生地モードが意外と便利!

シロカのホームベーカリSHB-122は17種類ものモードがあり、単純にパンを焼くだけではなく、パン生地やパスタ生地なども作ることができます。

私が意外と便利だと思ったのが、ピザ生地モードです。

ホームベーカリーに材料を入れて生地を作り、好きなソースや具材をトッピングしてオーブンで焼けば、手作りピザの完成です!

こちらが実際に作ったピザの写真です。

シロカのホームベーカリーでつくるピザ生地

意外と簡単にできて、すごく美味しかったよ!

ぴよ君ママ

休日のランチや夕飯にもなりますし、小さい子供に市販のピザはちょっと味が濃いな~と思っていたので、これなら子供用のピザも簡単に用意することができます。

実際の焼き上がりと美味しさは?

さて、買う前に一番気になるのが「本当に美味しく焼けるの?」という点ですよね。

シロカのホームベーカリーで焼いた食パンの焼き上がりと味について本音でレビューしたいと思います!

食パンの焼き上がりは表面がちょっと固め

食パンの焼き上がりですが、表面(食パンの耳の部分)はまぁまぁ固めの焼きあがりだと感じます。

主人は耳がサクサクした固めのパンが好きなので、「美味しい!」と言っていつも耳ばかり食べています。笑

ただ私は正直に言うと、もう少し耳がやわらかい方が好みでした。

そんな方は、焼きあがったパンをこんな風にすぐにラップで包んで置いておくと、表面もしっとりになって食べやすくなります。

ラップに包まれたホームベーカリーで焼いた食パン

パンを取り出したらとりあえずラップに包んで、朝食の準備ができた頃に切って食べるとしっとりしてすごく美味しいよ!

ぴよ君ママ

またSHB-122は、焼き色を3種類から選ぶこともできます。

選べる焼き色
うすい・ふつう・こい

そこまで大きな差ではないのですが、好みに合わせて変えられるのは嬉しいポイントです!

食パンの中身はしっとりふわふわで美味しい!

それから食パンの中身は、具材にもよりますが、基本的にしっとりふわふわの仕上がりです!

こちらは、食パンモードで途中コーンを入れて作ったコーンパンの写真です。

シロカのホームベーカリーで作ったコーンパン

パンの塩気とコーンの甘さがあいまって、すごく美味しかった!

ぴよ君ママ

ただし、これは説明書にも書いてあるのですが、パンの出来上がりは室温や水温によって毎回変わってしまいます。

これまで何回もパンを作ってきましたが、「今回は若干ふくらみが足りないかな?」「今日はすごく美味しく焼けたな~」という感じで毎回ちょっとずつ変化は感じます。

でも、材料の計量さえしっかりすれば失敗することはないので大丈夫。

結論として、シロカで作る食パンは表面はカリッと中身はしっとりふわふわで美味しく仕上がります!

シロカ ホームベーカリー SHB-122のデメリット

シロカ ホームベーカリー SHB-122を実際に使ってみて、使いやすさや仕上がりには本当に満足しており、買ってよかったなぁと思っています。

ただし、1点だけデメリットも感じています。

それは、具入りのパンはタイマー予約で作れないことです。

シロカのホームベーカリーは具材の自動投入機能がないため、具入りパンを作りたい場合は具入れブザーが鳴ったタイミングで手動投入する必要があります。

よって、タイマーをセットして夜中にパンを作る場合は具材が入れられないんです。

最初は具材の自動投入機能は要らないかな~と思っていたのですが、慣れてくると具入りのパンも作ってみたくなり…ちょっぴり不便に感じています。

ぴよ君ママ

ただしメリットにも書いたとおり、具材の投入機能がないからこそシンプルな構造になっておりお手入れも簡単なんです。

よって、よっぽど毎日具入りのパンが作りたい!という方でなければ、そこまで大きなデメリットにはならないかと思います。

我が家は具入りパンが食べたいときは、休日の昼間に作ってるよ!

ぴよ君ママ

また具入りのパンは作れなくても、予約タイマーで作れるパンは食パン・ソフトパン・フランスパン風・全粒粉パン・米粉パンと5種類もあります。

予約タイマーで作れるメニュー

・食パン
・ソフトパン
・フランスパン風
・全粒粉パン
・米粉パン

また牛乳を入れて作るミルクパンやごはんを入れて作るごはんパンなどのアレンジ食パンも、タイマー予約で作ることができます。

シロカ ホームベーカリー SHB-122の値段は?

シロカのホームベーカリーSHB-122のメーカー希望小売価格は15,000円(税抜)ですが、実際にネットでは9000円前後で販売しているショップが多いです!

ホームベーカリーって2~3万円はするイメージだったから、あまりの安さにびっくりしたよ!

ぴよ君ママ

2020年8月現在、楽天の最安値は税込¥9,150、Amazonは¥9,800でした!

お手頃価格なので、まずはホームベーカリーのある生活を試してみたい!という方にもおすすめです。

シロカ ホームベーカリー SHB-122の口コミは?

最後に、シロカのホームベーカリーの口コミをまとめてみました。

配達されてすぐ食パン作ってみました
ミミがパリッとして中はふわふわでおいしかったです

毎日使っています。残ったご飯を入れて焼けるので、もちもちと、美味しいです。

こねる音、たまにお知らせブザー音がうるさく感じてます。

この値段なら挑戦してみてもいいかなと購入して大正解でした。計量だけで本格的なパンができるので、手軽に作れます。

この価格でこの機能 お手入れも楽で満足です

焼き立てパンの美味しさをあじわっています。ウィンウィンと音がするのでタイマーで朝焼き上がるようにしています。朝起きたときのいい匂いがたまりません。

パンが二斤焼けるので便利です。操作パネルの文字や計量カップの数字がとても薄くて見にくいのが残念で面倒です

良い口コミとしては、こんなコメントが多かったです。

・美味しく焼ける!

・値段がお手頃!

・お手入れが簡単!

・パンが2斤焼けるのが便利!

ただし、マイナス評価の口コミとしてこんな意見もありました。

・こねる音やブザー音がうるさい

・操作パネルの文字が見づらい

ブザー音は、私も初めて聞いた時に大きいなと思いました。

でも、ホームベーカリーの音で子供が起きたりすることは特になかったので大丈夫でした。

キッチンと寝室が隣接しているおうちなどでは、ちょっと気になるかもしれないね。

ぴよ君ママ

まとめ

シロカのホームベーカリー「SHB-122」のレビューをまとめました。

SHB-122にはこんなメリットがあり、ホームベーカリーデビューにぴったりです!

  • シンプルな構造でお手入れが簡単!
  • 焼き上がりは表面はカリッと中身はしっとりふわふわ
  • サイズが選べて2斤まで焼ける!
  • ピザ生地も作れて便利!
  • お値段がとにかくお手頃!

1歳の息子も朝パンが焼けた匂いがすると、「パン焼けたね~♡」と喜んでくれて、本当に買ってよかったと思います!

シロカのホームベーカリーで、手軽に手作りパン生活を始めちゃいましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です