慣らし保育期間にママは何して過ごす?仕事復帰までに私がやっておいて良かったこと&やらなくてよかったこと

慣らし保育期間中のママの過ごし方

息子のぴよ君は生後7か月のときから保育園に通っています。

思い返せば、保育園入所が決まってから実際に入所するまでは本当にバッタバタでした…

何歳から保育園に預けるか散々悩み、1歳で待機児童になることを恐れ意を決して0歳クラスの4月入所を申し込むも、結果は保留。

ちょっぴり落ち込みましたが、「あと1年ぴよ君と毎日一緒にいられるんだからまぁいっか♪」と気持ちを切り替えていたところ、まさかの二次申請で繰り上がり内定!!
3月上旬というギリギリの日程で4月入所が決まったのでした。

ただし、私の住む横浜市は保育所利用開始日の翌月1日までに復職すればOK。
つまり4月1日から保育園に通う場合は、5月1日までに育児休業を終えて復職すればいいのです。
よって、4月はまるっと慣らし期間に充てることができました。

この記事では、慣らし保育期間中にやっておくと良いことを体験談をもとに紹介します!
またおまけで、今思えばやらなくてよかった…というちょっとした後悔も書くので参考になりましたら幸いです。

当時はまだ0歳のぴよ君を預けるのは罪悪感&不安でいっぱいだったのを今でもよく覚えています。
同じように今不安でいっぱいのママへ、慣らし保育期間中を有効に使って少しでも不安を減らし、これから始まるワーママライフをより有意義なものにして頂けたらと思います!

慣らし保育期間中にやっておいて良かったこと7つ

家〜保育園〜駅までのルート確認

本当は慣らし保育前にやっておくのがベストなのですが、もしやっていない場合は慣らし保育期間中にやっておくといいと思います。
私は慣らし保育期間中、何回か保育園に子供を預けた後実際に駅まで歩いてみて最短ルートを確認しました。更に実際にかかる時間を測ってみるのもおすすめです。
これをやっておくことで、遅くとも何時までに家を出れば間に合うのかを逆算することができます!
実際職場復帰した後は毎朝バタバタで時間通りに出発できないことも多いので...タイムリミットを把握して時間に余裕をもっておくことは結構重要です。

家族と平日の家事分担を話し合う

これも、本当は慣らし保育前にやっておくべきですが…もし話し合っていなければ是非やっておいた方がいいと思います。
具体的には、以下のようなことを事前に話し合って決めました。

  • 送り迎えの分担
  • 朝の家事分担
  • 急な残業時の連絡ルール 
きっちりとしたルールを決められなくても、ある程度2人で復職後のことをシミュレーションしたり、不安なことを共有しておくだけでも効果はあると思います。
また実際にやってみると「やっぱりこうしたほうがいいね」ということもあると思うので、そこは適宜見直しつつで大丈夫。
我が家も朝の家事分担は途中で少し変えました(^^;)

病児保育や子育てサポートなどの利用手続き

個人的に手続き系はすべて慣らし保育期間中にやるのがベストだと思います!
子供と一緒だとどうしても集中できないですし、1人で一気に片付けた方が効率が良いと思うので。

私は、病児保育の利用手続きと生協の宅配(パルシステム)の手続きをしておきました。結局今のところまだ病児保育は利用していないですが、登録しておけば万が一のときにすぐ対応できるという安心感があります。
生協は現在もフル活用中なのでおすすめです!

また我が家は祖父母の家が近いので登録しませんでしたが、もし周りに頼れる人がいない場合はファミリーサポートなどの登録もしておくといいと思います!

家の掃除や収納の見直し

慣らし保育期間中はゆっくりお掃除できるチャンス!
そしてできれば、復職後に毎日お掃除やお片付けがしやすいよう、模様替えや収納の見直しもしておくことをおすすめします。
例えば、保育園グッズの定位置を決めておいたり、思い切って使わないものは断捨離したり…。
ものが少ないとお掃除も楽になりますよ。

育休中やり残したことにトライ

手続きや家の掃除などが片付いたら、前からやりたかったけどできなかったことに時間を使いました。
気になっていた本を読んだり、私の場合ブログ運営を始めたのも慣らし保育期間中でした!

職場復帰した後も自分の時間がなくなるわけではありませんが、やっぱりまとまった時間はなかなかとれないのが現実。慣らし保育期間中はまとまった時間がとれる絶好の機会なので、是非やり残したことはやっておくことをおすすめします。
また、実際の勤務時間に合わせて何か作業してみることで、復職前のトレーニングにもなりますよ!

同じ保育園のママさんとランチ

実はこれが1番やっておいて良かったことかもしれません。
保育園に通っているご家庭は皆大体共働きで、ゆっくりお話しする機会は実はあまりありません。

でも慣らし保育期間中、子供達が保育園で給食も食べられるようになったらその間にママ同士でランチできます♪
復職に向けた準備状況やこれからの保育園生活への不安や疑問など、同じ境遇のママ同士で情報交換し交流しておくことは、後々すごく効いてきます!

実は私は運良くランチに誘っていただけたので実現できたのですが、今思うとすごく有難かったです。
なので、もしお誘いできそうなママさんがいたら是非ランチに誘ってみて下さいね。

主人とデート

最後に、これは慣らし保育期間中にしてもいいのかと賛否両論あるかと思いますが…1日だけ、主人とデートしました!
主人がお休みをとれた日に、ランチして映画を観てきました♪

子供が産まれてからなかなか2人で外出する機会がなかったので、育休期間頑張った自分へのご褒美ということで(^^)
但しいつ保育園から呼び出しがあるか分からないので、なるべく近場で短時間のデートにしておくといいと思います。
でも、それだけでもすごくリフレッシュになりましたよ!

今思えばやらなくてよかったこと2つ

職場へ行って上司と面談

実は、復職後のことが心配で慣らし保育期間中1度職場まで行きました。
上司と面談して仕事の状況などを聞いたのですが、今思えば焦って面談する必要はなかったです…。

正式に復職したらまたちゃんと面談がありましたし、職場の方への挨拶も復職後で全然問題なかったです。
そして仕事の状況も体制変更などで変わっており、結局復職前の面談はあまり意味がなかったのです。

もちろん、会社や上司に復職前の面談を打診された場合や復職前にあいさつしに行く習慣があれば別ですが、個人的には不要だったなと思いました(^^;)

仕事関連の勉強

これも、私はやらなくてよかったなぁと思っただけなので、無駄ではないと思います!
ただ、復職したら嫌でもやらないといけない仕事関連のことを無理にする必要はなかったと思いました。

仕事の知識覚えてるかな?とかスキルは衰えてないだろうか?と心配になると思いますが、意外と数日で仕事のカンは戻ってきます。
もちろん職種にもよると思いますが、もし他にやりたいことがあれば仕事の準備よりもそっちを優先してかまわないと思います。

不安はいっぱいあると思いますが、子供もママも意外と新しい環境にはすぐに慣れるものです。
慣らし保育期間という貴重な時間を是非有意義に使ってみて下さいね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です